ナビゲーションのスキップ

XM-60/XM-600 マルチアクシスキャリブレータ

軸方向問わず 1 回のセットアップで 6 自由度を測定

唯一無二の技術、光学式ロール測定、光ファイバラウンチユニット

XM-60 は、1 回のセットアップで、直線軸に沿った 6 自由度の誤差を同時測定するレーザー測定システムです。1 回のデータ取得で、軸に関するあらゆる幾何誤差を測定します。

空間補正に際しても、XM-60 を使うことで正確なデータを短時間で取得できます。光学的にすべての測定を行うため、設置方向を選びません

XM-600 レーザー測定システムは、レニショー製各種 UCC 三次元測定機コントローラに直接接続できるよう機能拡張したシステムです。

XM-600 の詳細

6 自由度の詳細

概要

ラウンチユニットをレーザーユニットから離して配置できるため、測定ポイントが受ける熱の影響を低減しています。また機械へは、側面や背面でも、さらには上下逆さまにでも取り付けられるため、機械へのアクセスが困難な場所で特に有効です。

レシーバはワイヤレスで、バッテリ駆動のため、機械の移動中にケーブルが引っ張られて精度が落ちたり、測定中のレーザービームが遮断されたりすることがありません。

XM-60 には、Capture、Explore そして Compensate から構成するソフトウェア CARTO を使用します。

主な特長とメリット:

  • 迅速性 - 位置決め、ピッチ、ヨー、ロール、垂直方向の真直度、水平方向の真直度を同時に測定。
  • シンプル - セットアップと操作がシンプルで、他のレーザーシステムのユーザーでも簡単に操作可能。また、自動符号検出機能やグラフィカルなアライメント調整など、ヒューマンエラーを抑える仕組みが組み込まれています。
  • 高い信頼性 - あらゆる誤差を直接測定。テストしながら、同時に結果を確認できます。
  • 高い性能 - 光学式ロール測定の独自方式により、どの向きでもロールを測定可能。

CARTO による XM-60 のサポート

XM-60 システムはさまざまな場面に活用できます。CARTO に含まれる Capture の「ターゲットベースモード」とは、機械の誤差を補正し、国際規格に準拠した性能レポートを作成するための、カスタムモードです。

動的データフィット機能で、XM-60 の真直度測定データを動的に取得できます。その後、Capture により再計算が行われ、外れたデータの数が減ります。ノイズが多い環境でも、問題なく測定が可能です。

回転軸測定

CARTO は、XR20 回転軸割り出し角度測定装置で実施した回転軸のテスト結果の処理にも使用します。

XR20 と XM-60 を組み合わせることで、回転軸のキャリブレーションが可能です。5 軸工作機械のキャリブレーションに要する時間が数日から半日に短縮しています。

高精度なアライメント

水平 1 軸ステージが、アクセサリのラインナップに加わりました。移動方向に直交する軸がない場合でも正確なアライメントが可能になります。このステージを使うことで、ヨー方向のアライメントをずらすことなく、XM-60 のラウンチユニットを簡単かつ高精度に平行移動させることができます。

ステージやプリンタなどに、特に効果的な機能です。

多種多様な取付けが可能

フィクスチャキット

XM-60 は、フィクスチャキットを駆使することで工作機械の加工領域内に簡単にかつ柔軟に取り付けられます。以下のような場面に便利です。

  • オーバーハングして測定するときや、機械ベッド横に垂直に取り付けるとき
  • 旋盤やマシニングセンターのチャックにラウンチユニットを取り付けるとき
  • 主軸から延長してレシーバを取り付けるとき

90°ブラケット

90°ブラケットを使うことで、ラウンチユニットの向きを簡単に変えることができます。ガイドピンで支えた状態でマグネットベースを ON できるため、高い精度で簡単にユニットを配置できます。

また、機械ベッドから離してユニットを配置する際にも使用します。

クランプブロックマウント

レシーバはクランプブロック/ピラーで機械に取り付けます。標準キットにはピラーが 4 本、クランプブロックが 2 個付属します。

クランプブロックを外して、レシーバ背面を使ったユーザーオリジナルの取付けもできます (背面にはねじ穴があけてあります)。

ユーザーの声

当社ユーザーが XM-600 マルチアクシスキャリブレータをどのように活用しているのか、その実例をご覧ください。

一方、「フリーランモード」では、位置やターゲット数を定義しなくても、データ取得を行えます。直線位置に対する真直度 (水平および垂直)、ピッチ、ヨー、ロール偏差が表示されます。

トリガー方法:

  • 手動 (キー操作)
  • 自動 (静止時)
  • 連続 (定義した間隔で移動中に取得)

Compensate を使うことで、機械のすべての幾何誤差を簡単に抑えられるようになります。空間補正により、機械性能の最適化、精度の向上、スクラップの削減が実現します。

XM-600 で三次元測定機のエラーマッピングを高速化/簡素化

XM-600 マルチアクシスキャリブレータには、レニショー UCC コントローラと直接通信するための機能が追加搭載されています。XM-60 マルチアクシスキャリブレータに採用されている技術を使用して、1 回の測定で 6 自由度を同時測定します。そのため、三次元測定機の直線軸それぞれの正確なエラーマップを簡単に作成できます。

XM-600 は XM-60 と同じく、CARTO に対応しています。工作機械と三次元測定機の両方を使用している生産設備にとっての、理想的なキャリブレーションシステムです。

イメージギャラリ

XM-600 の導入によりエラーマッピング作業が大幅に効率化しました。測定作業とエラーマッピングが非常に便利になったので、作業時間が UCC 三次元測定機の場合で 平均 1 日かかっていたのが半分になりました。

DUKIN 社 (韓国)

トレーサブルな精度

XM-60/XM-600 マルチアクシスキャリブレータの性能は、国際標準に対してトレーサブルで、すべてのユニットに校正証明書を付けて納品しています。システムが指定の精度を満たしているという安心感を持って、常に現場で使用いただけます。

XM-60/XM-600 の性能仕様

XM-60 を使った XR20 による回転軸のキャリブレーション
鋳物上の水平ステージ

レニショーによる自社製造

レニショーのレーザー測定システムは、高性能と高い操作性を備えたシステムです。内部の骨格は軽量さと高強度を兼ね備えたアルミニウム製で、また工作機械に簡単に取り付けられるようにコンパクトな大きさとなっています。また、レーザー測定システムには、10 年以上にわたって製造され、要求の厳しい半導体産業で利用されている RLE レーザーエンコーダシステムと同じテクノロジーが採用されています。


製品情報