Skip navigation

JA - 安全について

電源要件

ACC2-3コントローラには、IEC 320 コネクタにより AC 電源が供給されます。 本ユニットの動作時の電圧は次の通りです。

  • 100V~240V AC + 10%、-15%
  • 47 Hz ~ 66 Hz
  • 50 W

ヒューズの交換

2 つの 1A(T)HBC 250 V スローブローヒューズが提供されています( 1 つはスペア)。 このヒューズは次のように交換します。

  1. 主電源からケーブルを外します。
  2. ヒューズホルダーにドライバーを差し込んで開き、ヒューズにアクセスできるようにします。
  3. ヒューズを外して、1A(T)HBC 250 V スローブローヒューズ(20×5mm、定格 IEC127)と交換します。
  4. ヒューズホルダーを閉じます。
  5. 主電源にケーブルを接続します。

警告: ヒューズは、指定された規格のものとのみ交換してください。 この装置は、3 芯主電源ケーブルを使用して保護アースに接続してください。 また、主電源プラグは保護アース端子付きコンセントにのみ挿入してください。 アース線のない延長ケーブルを使用すると保護アースが役目を果たさなくなるため、使用しないでください。

警告: 保護アースを接続しないで使用すると、装置に危険性が発生します。 接地要件を厳格に守るようにしてください。

赤外線の照射

クラス 1 LED 製品

注意: 本製品は赤外線検出ビームを使用しています。 赤外線ビームの軸は、ポートの蓋の手前にあるスロットに沿った方向になっています。 ビームを直視しても安全性に問題はありませんが、ビームの軸方向に向かって見たり、ポート 8 の蓋の右側にある LED 光源の近くに目を近づけないようにしてください。

Technical drawing:  Technical drawing:  ACR1 - infra red light emission - safety image_JA

警告

可動部の間または可動部と固定部の間に指などが挟まれる危険があります。 移動中または手動プローブ交換中は、プローブヘッドを手で持たないようにしてください。

予想外の動作に注意してください。 プローブシステムの可動範囲内に入らないでください。

メーカーの推奨する方法に従って電池を取り扱い、処分してください。 電池は推奨品を必ずご使用ください。 電池の電極には他の金属部品が触れないようにご注意ください。

工作機械や三次元測定機を使用する場合は、保護眼鏡の着用を推奨します。

機械本体から電源供給を受けて動作するレニショーユニットには、ユーザー自身で修理可能な部品は含まれていません。 不具合のある製品は機械メーカーまたはレニショー認定のカスタマーサービスセンターにご返却ください。

ヒューズを交換する際には、同一規格のものと交換してください。 関連する製品の説明書の安全に関するセクションも併せて参照してください。

レニショー製品を清掃する場合は、関連する製品の説明書のメンテナンスに関するセクションを参照してください。

メンテナンス作業を行う前には必ず、電源を切ってください。

機械メーカーの操作説明書を参照してください。

操作に伴うあらゆる危険性(レニショー製品の説明書に記載されている内容を含む)をユーザー様に明示すること、それらを防止する充分なカバーおよび安全用インターロックを取り付けることは工作機械メーカーの責任で行ってください。

特定の状況下では、プローブ信号が正しく出力されない場合があります。 プローブ信号のみに頼って機械を停止させないようにしてください。

ACC2-2は、リアパネルの主電源スイッチを使用して AC 電源供給を停止することができます。 別途、電源供給の切断が必要な場合は、機械メーカーまたは取り付け業者が実施してください。 ブレーカーは、CMM オペレーターが簡単にアクセスできる場所に設置し、IEC61010 および各国で定められている配線に関する規則に則り設置してください。